yuka0I9A1561_8_TP_V

SoftBankのホワイトプランからギガモンスターにプラン変更した


8年前 、ドコモからソフトバンクにキャリアを乗り換えて、iPhone 3GSの時からホワイトプランを使ってきましたが、今月『ギガモンスター 20GB』にプランを変更しました。

ホワイトプランのデータ容量7GBでは、気をつけながら使えばなんとか足りるレベル・・・ YouTube、ニコ生とか、動画コンテンツがこれだけ増えてくるとやはり使ってしまうし、なによりも去年の12月に勤務先が遠くなったおかげで往復の通勤時間が180分になったのも原因です・・・


 ちなみに、ホワイトプランの月額コストはいくらだったか・・・


 ホワイトプラン(i)基本料   934円
 ウェブ使用料 300円
 パケットし放題フラット 5.700円

 合計 で6.934円が毎月の固定費でした。


 変更したギガモンスターのプランだと・・・


 通話定額ライト基本料 1.700円
 ウェブ使用料 300円
 ギガモンスターデータ定額 20GB 6.000円

 合計で 8.000円の月額固定費になるので、1.066円のコストアップです。


毎月使えるデータ通信の容量は7GBから20GBに大幅に増加。
国内通話であれば1回の通話を5分以内で抑えれば通話料金がかかりません。

ギガモンスターのプランは個人的に良いと思っていますが、月額コストが結局増加してしまうのが困りものです。



DMM.mobile をサブ運用


僕はDMM.mobile のデータ通信専用 5GBを契約、予備でモバイルルーターを所有していました。

DMM.mobile は5GBのデータプランでも1.210円と安く、通信速度もストレスがないし、SoftBank の電波が入らない時にDMM mobile は電波をつかむので重宝します。MacやiPadを外に持ち出した時のネット接続にも使えます。

ところが・・今回変更したSoftBankのギガモンスターにするとデータ容量が20GBも使えるので、毎日通勤でYouTube を観まくったとしても、おそらくデータ容量は充分足りちゃいそう・・・

案の定、今月はモバイルルーターの電源を一度も入れてない・・・

じゃあ、DMM.mobile は解約するか?って思ったんですが・・・
SoftBank ギガモンプランだとテザリングがオプションになるので、MacやiPadをネットに接続するのにデザリングオプションをつけなければなりません。それに掛かる費用は月額1000円です。

DMM.mobile を解約してSoftBank だけにする( 砲里函DMM.mobile を現状のプランのままにする(◆砲里函⊂しDMM.mobile のプランを変更してみる()で、コストとメリットを検討してみます。

 DMM.mobile解約・活用時の通信費まとめ・・・

  SoftBank & デザリング      20GB 9,000円
 ◆SoftBank & DMM mobile 5GB  25GB 9.200円
  SoftBank & DMM mobile 3GB  23GB 8.850円


月額のコストは、デザリングオプションをつけたSoftBankとDMM.mobileの併用は、数百円しか違いませんし3GBにすれば安価になってしまいます。あとはルーターを別に所持する事に関するメリット・デメリットの判断になります。

結 論


コストに差がないの DMM.mobile は継続契約する事を決定!MacやiPad、Kindleやら、データ通信用のルータとして活用をおこなうが、5GB ⇒ 3GB のプランに変更する。

DMM.mobile は前月の余ったデータを翌月持ち越しできるので、3GB契約であっても利用したい時には5GBぐらいのデータ量があります。

それでもホワイトプランの時よりも毎月1000円以上もランニングコストが高くなるという事実は変わりません。

むしろ、DMM.mobileに統一すればもっと安くなるのは解っているんだけれど、SoftBank光やら家族割りやら、完全にSoftBankに囲い込まれているのでキャリアを変更するには相当な覚悟が必要になるのです。。(めんどくさいだけw)

しかし、自分ひとりの支払いならそれほど高額とは思わないが・・・家族の分まで負担しているお父さんは大変だわな。

人気ブログランキングへ