Super_Famicom_JPN
先日、『転売屋さん大勝利?『任天堂 クラシックミニ』 が生産終了!手元にあるなら保管を推奨します』という記事の中で、スーパーファミコンミニが発売されるまでは保管しておいた方が得だよなどと書きました。

ほぼ、冗談で書いたんですけどね・・・ あながち間違っていないんじゃないかというニュースがその後に出回りました。


既に生産を開始している!



海外メディアの Eurogamer は19日、任天堂に近い関係者から得た情報として、ミニファミコンが生産終了となった大きな理由は、同社が「ミニスーパーファミコン」の生産に切り替えたからだと報じています。さらに、すでにそ生産を始めており、今年のクリスマス時期の発売が計画されているとしている。

ちなみに、EurogamerはこれまでにもNintendo Switchの形状などをその発表前に関係者への取材を通じて報じるなど、任天堂に関する情報には一定の実績があるメディアだそうですよ。

クラシックミニのスーパースファミコン版の生産をおこなう為に、ファミコンの方は生産を終了したってのは、割りと信憑性のある話だと思います。

クリスマス商戦向けにしては、ずいぶん早い気もしますけどね? 十分な在庫を確保しようとしているんですかねぇ・・・


スーパーファミコンクラシック・ミニに期待する事


スーパーファミコンについてですが、コンソールゲーム機としては個人的に一番遊んだゲーム機ですから、ミニ版が出るとしたらファミコンよりも圧倒的に興味があります。

ファミコンに比べるとグラフィックも圧倒的に良いし、秀悦なソフトが多いハードだと思います。とくに思い入れがあるゲームは・・・ マリオカートと・・・ スト兇世複

もし、発売されたら買います!そして・・ファミコン版と一緒に棚にディスプレイです。もちろんゲームも遊ぶと思うんです。

しかし!お願いだからコントローラーまで小さくするのは止めてくれ!いや・・小さくしてもいいんだけれど、USBとかBluetoothで標準的なコントローラーが使えるように配慮してほしいです。

そして、予約日当日にAmazonでしっかり予約ができるかどうかが一番問題です。

まぁ、発売するかどうかあくまでも噂レベルなんですけどね、おそらく間違いないんじゃないかな?って気がします。