2019/11/16
RG350 のファームウェア V1.7 がリリースされました。
screenshot002
v1.7の主な変更点
  • 初回起動時にパーテションが自動的に最適化するようになった
  • pcsx4allでコントローラの振動に対応(v1.6から)
  • スキンの追加など・・・
変更内容 v1.7_BASE (Google翻訳)
  • EXT4パーティションを手動で拡張する必要はありません。最初の起動時に自動でサイズ変更されます。カードが大きくなるほど長くなりますのでしばらくお待ちください
  • 新しいDekUI V2のデフォルトのgmenu2xスキン
  • テスト用に現在のものと一緒に追加された新しいpcsx4all
  • pcsx4all-rg350-191112.opk:IPUスケーリングおよびBGR15-> RGB16変換で構築されたRG-350最適化opk。
  • 新しいGpspベータ4、gameblablaとNinoh-FOXのおかげで画面スケールを修正
  • 新しいStella 3.9.3 Atari 2600エミュレータ
  • 問題により削除されたGmenuNX.opkファイルはまもなく追加されます。
とりあえず振動に対応したのはインパクトが強いので、アップデート必須ではないかと思いますが、 OPK Update がリースされていないので新規導入する必要があります。

updater は
暫くしたらリリースされるかもしれないですが、されないかもしれませんw

現状の環境を維持したいならばOPK updaterがリリースされるのを待つか、新しいSDカードにv1.7を作成後に自分でデータを移植する必要があります。


更新方法メモ

以前の記事の引用でざっくり記載しておきます。

RG350の裏ぶたを外してSDカードを取り出します。
外部SDも抜いておきます。

● 内蔵SDカードの取り出し
IMG_1381.jpg
RG350背面の4本のネジを外して、裏蓋を取れば取り出しができます。
その際にバッテリーコネクタは抜いておきます。

以下のサイトからファームウェアをダウンロード
※ FWは解凍してimgディスクにする

● INDEX(目次)

● Firmware(RG-350_BASE_v1.7_171119.7zをダウンロード)

● Localpack(apps/emulators/gamesなど導入したいアプリをダウンロード)

FWの書き込みと取り付け

● SDカードにFWを書き込みする
Etcher2
事前にSDカードはフォーマットしておき、Etcherなどを使いFWを書き込みをする。
※ 64GB以上のSDカードを使用する場合はFAT32でフォーマットする必要があるみたいです

● 作成したSDカードの取り付け
バッテリーのコネクタ・カバーを取り付けてネジを締めて起動します。
初回起動時にパーテションの最適化をおこなうので少し時間が掛かります。

必要なアプリの導入

● アプリ・エミュレータの配置
162651
必要なアプリ・ゲーム・エミュレータなどをダウンロードして、/media/data/apps 内に保存します。

DinguxCmdr の使い方はこちら


RG350に関する記事まとめはこちら