ニトロです∠( 'ω’)/

RG350の内蔵ストレージにデータ転送をするためにPCでアクセスしたいのだが・・・
単純にPCとRG350をUSBケーブルで繋ぐだけではダメだと言うことが分かった。

色々と調べた結果、PCにUSBドライバを導入すれば接続が可能になる。
以下の手順は実際に自分で実行した設定方法をまとめた内容だ。

おそらく一部の人には役に立つと思う。

  USBドライバーの入手

a3daff2a.png

Acer Incorporated. - Other hardware - USB EthernetRNDIS Gadget をダウンロードする。
Win10の場合は「 Windows 7,Windows 8,Windows 8.1 and later drivers 」をダウンロードすればよい。

※ ダウンロードしたcabファイルは解凍しておく

● ドライバーのダウンロードはこちら



◆USBドライバの更新

2019-10-29 211727
電源オンにした RG350 USB-2ポート(正面から見て右側のUSB)とPCをUSBケーブルで接続。
PCのデバイスマネージャーに(COMとLPT)にCOM-USBポートとして検出される。

追加されたUSBシリアルデバイスを右クリックして「ドライバーの更新」を選択
「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索」を選択する。
2019-10-29 212128
参照ボタンを押して、ダウンロードして解凍済みのファイルを選択更新すると、デバイスマネージャーのネットワークアダプターにUSB EthernetRNDIS Gadgetとして検出される。


 RG350のストレージを参照する。

IMG_1388
RG350のSettingsにあるNetworkアプリを起動し、
「 Allow login without password 」を選択。(パスワードなしでログイン許可)
2019-10-29 213340
PCのファルダーパス欄にマニュアルなどに記載されているアドレス
ftp://xx.x.x.x を入力すればRG350の内部の参照ができるようになる。

ただし、この方法だと全てのディレクトリーやファイルにアクセスができない?
Windowsの知識が足りないだけかもしれないがwww
※ 僕はMAC派です。

/media/data/local/home 内にある、FBAのプレビューファイルや、BIOSの配置ができなかったので、より細かくカスタマイズがしたいならば WinSCP などのデータ転送ソフトを使う方が良いだろう。



とにかく、これで裏ぶたを外す手間が減る・・・
内部にデータ転送も楽になる!


RG350その他の記事はこちら